大田区大森中にある内科・小児科・整形外科・外科・リハビリテーション科|アイメディカルクリニック

  • HOME
  • 整形外科の主な疾患
整形外科の主な疾患

関節リウマチ

関節リウマチの治療はこの10年程で、進化しました。それらはメトトレキサートや生物学的製剤(通称BlOバイオ)がもたらしたといっても良いでしょう。当院ではメトトレキサートをはじめ現在保険適用となっている生物学的製剤が使用可能ですが、高額の物も多いため患者さんにできるだけ負担のかからないようにさまざまな工夫を行い、お一人ごとのニーズに添ったリウマチ治療を心掛けています。また、リウマチ治療を行うにあたっては間質性肺炎などの内科的合併症にも注意が必要です。院長(内科)による協力の下、定期的な全身チェックを行い、合併症への管理にも注意を払っております。

変形性膝関節症

変形性膝関節症は主に加齢などが要因となって引き起こされる軟骨や半月板などの劣化現象です。誰にでも起こり得る疾患ですが、歩けなくなってからでは大変です。ヒアルロン酸は軟骨の劣化を防止したり、関節が滑らかに動くための重要な役割を担っています。当院ではヒアルロン酸に加えて理学療法や運動指導、装具療法などを駆使して皆さんの快適な生活をお支えいたします。
なお、当院は自費診療にて軟骨再生医療(PFC-FD療法)も行っており、幅広いニーズにお応えしております。

軟骨再生医療(PFC-FD療法)

治療内容:軟骨再生医療(PFC-FD療法)は、採血した自分の血液の血小板の中に含まれる「修復物質」を抽出し、関節や腱などの患部に注射することにより、自己修復力を活性化させます。自己修復力を活性化させることにより、障害部位の改善を促進したり痛みを軽減させたりする作用が期待できます。
当院はセルソース株式会社を採用しています。(外部リンクに繋がります)
料金:2~3回の注射で187,000円(税込)
リスク・副作用:注射による一般的な副作用(痛み、赤み、腫れなど)が起こる可能性があります。

肩関節周囲炎(四十肩など)

明らかな原因がなく発症することも多いことから、自然治癒を待つうちに病態が深刻化してくる場合をよく見かけます。様子を見ていれば良いものか、それともすぐにでも治療を行った方が良いものか。診療から判断を行い、ヒアルロン酸注射や理学療法・運動療法などをさまざま工夫して一日も早い改善を目指していただけるように治療を進めて参ります。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は昨今、国も重要視している疾患です。骨がもろくなって骨折すれば寝たきりになったりして問題ですが、折れずとも腰痛や膝痛の原因にもなっており、元気な日常生活を続けて行くうえで向き合わねばならない病気です。
最近はたくさんの治療薬が登場しており、経口薬に始まり、毎日注射するタイプから1カ月に1度、半年に1度、1年に1度の注射のものまで、さまざまな薬が登場しています。しかし、どの薬でも良いわけではありません。骨粗しょう症は患者さんごとに原因が異なるため、きちんと精査したうえでの対策が重要です。当院ではお一人おひとりに見合った治療方法をお選びして、皆さんの生活の質の向上に寄与できるよう努めて参ります。

頸椎疾患・腰椎疾患

変形性脊椎症・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などは、頸椎から腰椎に至るどの場所にも発生する可能性がある病態です。緊急性を鑑みながら、時にはその日のうちに提携病院でMRI検査を受けていただき、即時治療を開始することもあります。投薬や理学療法などによる治療はもちろんのこと、時には頸椎や腰椎の硬膜外ブロックなども併用し、仕事や生活に支障のない状態まで速やかに改善できるように工夫しております。

外傷・骨折・その他

多くの場合は緊急性を要する状態です。当院では緊急外傷の方を最優先に診療する事を信条としており、早急な対応を心掛けております。万が一にも手術や大病院での処置が必要な場合は、状況に沿った治療を提供できる医師や病院をご紹介いたします。また、術後の処置でのみ来院される場合も待ち時間を作らないように別室での処置の配慮を心掛けています。
その他、整形外科全般に及ぶ診療に対応いたしております。

その他(自費診療)

プラセンタ注射やニンニク注射も行っております。(別途初受診料がかかります)

プラセンタ注射(メルスモン)

治療内容:更年期障害の薬理作用が認められています。
料金:1回/1,100円(税込)
リスク・副作用:プラセンタ注射を受けた患者様は献血することができません。また、発熱や注射をした部位に痛みが出るなどの副作用を伴う場合があります。

ニンニク注射(ビタミン注射)

治療内容:倦怠感・肩こり・神経痛・筋肉痛・風邪症状・などの改善が見込めます。
料金:1回/1,540円(税込)
リスク・副作用:重篤な副作用はありませんが、注射時のにんにく臭による吐き気や胸苦しさを訴える方が稀におられます。